本を売るならどこがいい?

本を売るならどこがいい?

MENU

本を売るときどこの買取業者がいいのか?

本を売るならどこがいい

当サイトではその答えを見つけるために、実際にいくつかの宅配買取業者に本を売ってみて、買取価格や査定期間、サービスなどを精査しました。

ブックオフなどの有名店はもちろんのこと、あまり名が知られていない古本屋も対象としています。

初めて聞く名前の本買取業者もあるかもしれませんが、無名でもサービスが充実していたり、高価買取してくれるショップはたくさんあります。

本の買取価格を公表している業者の調査では、公開買取価格と実際の査定額に差があるかどうかも確認しています。

どこの業者に本を売ろうか迷っている方も、これから売ろうとしている業者が信頼できるか不安な方も、ぜひ当サイトが売った本の査定結果を参考にしてみてください。

※業者ごとに違う本を売ってみています。

本を売るならこの業者

ブックサプライ

ブックサプライ

  • サイト内のお試し査定で売りたい本の買取価格を検索可
  • 商品2,000円以上か10点以上で送料無料
  • 振込手数料無料
  • 段ボール無料配送
  • 本・CD・DVD・ゲーム・金・プラチナ・携帯電話買取店

  • ≫ブックサプライに本を売った実際の査定額

買取金額1,000円プラスアップキャンペーン中

ブックサプライの利用が初めてで、買取金額合計5,000円以上、自動承認可の場合、HPにあるキャンペーンコードを申込時に入力すれば買取金額が1,000円もアップします。

ULSTORE

売りたい本を事前査定

ISBNコード(バーコード番号)がわかればULSTOREサイト内の仮査定ページにて、売りたい本の査定額を見積もれます。本を送る前に買取価格の概算がわかるので安心です。10冊一気に検索できます。

ホンマルシェ

  • サイト内の買取価格検索で売りたい本の査定額が最初にわかる
  • もし減額となった場合には希望に応じ無料返送可
  • 買取金額3000円以上で送料無料
  • 振込手数料無料
  • 古本買取専門店

  • ≫ホンマルシェに本を売った実際の査定額

申込時の買取価格を保証

買取申込時に全ての本の買取価格を掲示し、その価格を保証。多少の汚れや折れ曲がり等、状態による減額はありません。ただ、カバーなしや目立つ欠陥がある本は査定結果を保証できないので減額理由を明記してお知らせしてくれます。

ブックオフオンライン

「本を売るならブックオフ」のネット買取版

ブックオフ公式の宅配買取だから安心です。知っているショップで安心して売りたいという方にピッタリ!

バリューブックス

バリューブックス

送料が500円差し引かれる

1箱あたり、500円が送料として差し引かれます。
自動的に査定額より差し引くので、直接請求されるわけではありません。
また、送料が査定額を上回ってしまった場合は、
1. 無料で商品を引き受け
2. キャンセルしてお客様に返送(返送料はかかりません)
のどちらかを選べます。

本を売るならなるべく高価買取の古本屋で

読み終わって家にたまっていた本を複数の古本屋に売り分けてみました。
買取王子以外はお店のHPで本の自動査定ができます。
今回は買取査定調査目的で売っているということ、また送料無料条件等を充足させる冊数合わせ等の必要もあるため、必ずしも1番高く売れるお店に振り分けているわけではないです。それでもそれなりに、売る予定の本1冊1冊を(自動査定できるお店であれば)事前査定してそれぞれなるべく高価買取してくれるお店に振り分けました。
みなさんも少しでも多くの金額を得たいなら、売りたい本たちをブックオフオンライン、ウルストア、ブックサプライ、ホンマルシェ、バリューブックスで事前査定して、それぞれ最も高く買い取ってくれる古本屋へ振り分けて売るという方法も上手いやり方です。

売った本の山